〒670-0081
兵庫県姫路市田寺東2-43-27

079-269-9999

24時間予約受付

電話マーク

お電話

メニュー

四十肩・<br class=五十肩 イメージ">
見出しアイコン

四十肩・
五十肩

四十肩・五十肩と肩こりの違いをご存知でしょうか?

「突然肩に激しい痛みが起こった」「肩が痛くて挙がらない」など、四十肩・五十肩でお困りの方。
または、ご自分が悩んでいる症状が「肩こり」なのか「四十肩・五十肩」なのか良く分からない方に向けて、今回こちらのページでは、四十肩・五十肩の特徴や症状について詳しくご説明します。

四十肩・五十肩は、中年層の方だけではなく、若い方から高齢者まで幅広い年代で発生する可能性があるといわれれています。
四十肩・五十肩の症状は、病期に合わせて変化するため、正しい対処法が必要です。

目次

四十肩・五十肩の
悩みや疑問について

  • 何もしなくても肩に痛みを感じている
  • 腕が挙げづらい
  • 四十肩・五十肩なのか、肩こりなのかわからない
  • 四十肩・五十肩の症状を緩和したい
  • 肩が痛くて夜眠れない
  • 日常生活で四十肩・五十肩を予防したい

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。
四十肩・五十肩の症状改善に向けて、考えられる原因をこちらで確認していきましょう。

◆四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩は、中年の方に多く発症することから、そのような名前が付けられています。
しかし、最近では四十肩・五十肩の症状は、若年化も目立ってきています。

◆四十肩・五十肩と肩こりの違い

肩こりと四十肩・五十肩は、異なるものになります。
一般的な肩こりは、血流の悪化がおもな原因となり首から肩にかけて筋肉のこりや痛みを感じる状態を指します。
それに対して、四十肩・五十肩は、加齢などで肩関節周辺の組織に炎症が起こり、可動域の著しい制限や、激しい痛みを生じた状態を指します。

◆四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩の直接的な原因は今でも明確ではなく、さまざまな要因が重なって発症すると考えられています。
日常生活を過ごす中で、影響を与える可能性があるものを挙げていきます。

・過度な負担

日常の繰り返す動作において、身体を正しく使えておらず、過度な負担が肩にかかっている場合があります。
疲労の蓄積で肩関節の柔軟性が低下し、四十肩・五十肩の炎症につながることが考えられます。

・姿勢不良

パソコン作業やスマホの操作などで前かがみの姿勢が多い方は、猫背になりやすいです。
猫背で画面を見ていると、頭を支えるために肩関節周囲の筋肉・腱といった組織に負担がかかります。
その状態がつづくと、筋肉が硬くなり徐々に変性していき炎症や痛みを引き起こすと考えられています。

・筋力低下

年齢を重ねるにつれて、筋力や関節の可動域が低下してきます。
とくに、肩関節を支えるインナーマッスルの筋力低下や硬さが四十肩・五十肩に影響を与えている可能性があります。

・ストレス

心身のストレスを受けると、身体が緊張してきます。
硬くなった筋肉で関節の可動域が制限されるため、肩周辺の組織への負担が大きくなります。

四十肩・五十肩の病期に
ともなう症状

四十肩・五十肩は中年の方に多く、痛みや可動制限が主な症状になります。
また、発症直後から経過と共に「急性期」「拘縮期」「回復期」と病期が分けられます。
それぞれの病期の特徴と症状についてご説明します。

◆急性期

発症直後は急性期と呼ばれ、患部に炎症が起きている状態になります。
この時期には強い痛みがあり、安静時痛夜間痛をともなうことがあります。

肩を動かす際に強い痛みがあるため、日常生活に支障が出てしまいます。
また、動かさなくてもズキズキとした痛みを感じるため、ゆっくり休めなくなることも多いです。
特に就寝時に痛みが悪化し、夜中に目が覚めたり、眠れなくなったりすることも多いです。
このような肩を中心とした痛みが、数週間から数ヶ月間ほど続きます。

まとめると、次のような症状が急性期にあらわれます。
・肩がひどく痛む
・何をしても肩が痛い
・朝晩に痛みが強くなってくる

急性期の症状は、一般的に痛みが強いこともあり、安静が必要です。
安静時痛や夜間痛がともなう場合は、医療機関に行くことをおすすめします。

◆拘縮期

急性期の激しい痛みが徐々にひいてくる時期になります。
腕や肩を動かすと痛みを生じますが、安静時痛や夜間痛は落ち着いていることが多いです。
拘縮期でも肩の痛みが続くため、安静が習慣化するかもしれません。
しかし「痛いから動かさない」がつづくと、肩関節周辺の組織が硬くなる原因となります。
四十肩・五十肩によって、特に次のような動作が制限されやすくなっています。

・肩の挙上制限(腕が挙がらない):洗濯物が干せない、髪をうまく洗えないなど。
・肩のひねりの制限(腕を後ろに回せない):エプロンの紐を結べない、服をスムーズに着脱できない

まとめると、次のような症状が拘縮期に挙げられます。
・肩のあたりに重たい感じがある
・腕に違和感を覚える
・痛みはひいてきたが腕が挙げにくい、肩をひねりにくい

肩関節の可動域制限があらわれる時期でもあるため、痛みが起こらない範囲で動かしていくことが大切です。

◆回復期

肩の痛みがあらわれてから、1年程度つづいた状態を指します。
日常生活に支障が出ない程度まで症状が改善している場合が多いですが、患部のつっぱり感や腕の違和感などが残る方もいます。

まとめると、次のような症状が回復期に挙げられます。

・肩の痛みは落ち着いてきたが、まだ少し痛む
・患部のつっぱり感がある
・腕の違和感が残っている
・肩が挙がらない

文字通り回復の時期になりますので、症状の緩和に向けた関わりが必要です。

四十肩・五十肩の対処法

四十肩・五十肩の「急性期」「拘縮期」「回復期」それぞれの対処法についてご紹介します。

◆急性期の対処法

・安静にする

急性期は、安静に過ごしましょう。
無理をして肩を動かすと、症状を悪化させる可能性があります。
また、寝る際はバスタオルや枕などをつかって、肩の後ろから肘にかけて支えを作り、肩の高さを安定させましょう。

・冷却する

熱を持っている場合は、冷やすことがおすすめです。
氷のうやアイスパックなど使って、冷やし過ぎに注意しながら患部の炎症緩和に努めましょう。

◆拘縮期の対処法

拘縮期では、痛みの出ない範囲で日常動作を行うようにしましょう。

・振り子体操

肩関節の可動域改善には、振り子体操がおすすめです。
振り子体操とは、肩甲骨と上腕骨の間に遊びを作ることにより、痛みの緩和が期待できる運動になります。
①腰ぐらいの高さのテーブルに前屈みになります。
②痛くない方の手をテーブルについて支えにします。
③痛む側の肩の力を抜いて、だらんと垂らします。
④前後、左右、円を描くなどの運動をそれぞれ10往復行います。
⑤痛みがない場合は、500gから1kgくらいの重さのペットボトルなどを持って負荷をかけると、肩まわりの腱が伸びていきます。

・温める

緊張を緩めるために、カイロやサポーターを付けるなどして、肩を温めることがおすすめです。
ぬるめのお湯でしっかり肩まで浸かることも良いとされています。

◆回復期の対処法

肩関節が本来の動きを取り戻せるように、ストレッチ運動によって可動域の確保に努めていきましょう。

予防法

◆不良姿勢の改善

不良姿勢では、四十肩や五十肩を引き起こすリスクが高くなります。
デスクワークやパソコン作業などで、座り方に注意しましょう。
足の裏が床から離れず、腰がしっかりと固定されている状態が、理想的な椅子の座り方です。
無意識に不良姿勢になりやすいため、適度に休憩を入れ、姿勢を正すことを意識しましょう。

◆筋力強化

肩周辺の筋力トレーニングを行い、可動性を確保しておきましょう。
四十肩・五十肩は、細かい筋肉と肩甲骨のバランスが崩れることによって起こるとされているため、肩甲骨を動かすトレーニングを積極的に行いましょう。

ULU整骨院の
【四十肩・五十肩】
アプローチ方法

当院では、年齢が上がることで肩の痛みが出やすくなる「四十肩・五十肩の要因として、肩甲骨、肋骨、胸椎の可動性が低下が関係していると考えています。

まず、四十肩、五十肩を「急性期」「回復期」「拘縮期」の3種類に分類し、グレードに合わせた施術計画を立てます。
原因がさまざまなため、施術期間や施術内容が大きく変わることが特徴です。
また、症状が出てから、放置されている方も多くリハビリに期間が掛かる方も多くおられます。
四十肩、五十肩で最も重要に考えていることは日常生活に負担のない可動性を取り戻すことです。
痛みはなくなったが「服を着ることがしんどい」「後部座席の荷物を取ることがしんどい」などがあれば、「痛みはない。ただ、ストレスはある。」という生活になってしまうため、今後の生活に支障をきたすようになります。
そのため、当院では痛みがなくなることはもちろんですが、その後のリハビリに注力しております。

症状の状態を確認し、身体の全身の検査を行った上で計画を立てさせていただき、検査は姿勢分析や荷重比率、可動域、筋肉量などを行い、現状の課題、改善すべきものをご説明させていただきます。
身体の状態に合わせて、ハイボルト電気療法手技療法などを組み合わせて、状態の改善を目指します。
その後、身体の状態に合わせて、本来の使い方を習得し、負担がかかりにくい身体づくりを行います。

著者 Writer

著者画像
日下部 宣宇
所有資格:柔道整復師
生年月日:1月21日
血液型:O型
出身:姫路市
趣味:野球
得意な施術:スポーツ外傷、慢性症状、姿勢矯正

ご来院されるお客さまへ一言
患者様自身の身体を知っていただき、
改善への道しるべをともに歩みましょう

Treatment guidance

慢性整体アイコン

慢性整体

長くお悩みの症状の解消を目指す施術です。
お悩みを解消するためにはさまざまな検査を行い、計画をご説明させていただきます。
見つかった原因を一つひとつ課題を解決しながら、施術を行います。

姿勢矯正アイコン

姿勢矯正

姿勢のお悩みの解消を目指す施術です。
姿勢不良は万病の原因となり、多くの方がお悩みです。
猫背や反り腰、ストレートネックなどさまざまです。
トレーニングを併用することで維持しやすくなるのでおすすめです。

ハイボルトアイコン

ハイボルト

電気療法の一つです。
狙った部分に刺激を入れることができ、急性期、慢性期ともに効果が期待できます。
身体の状態によっては電気療法ができない場合などもありますので、ご相談ください。

保険施術アイコン

保険施術

保険施術は急性期のケガのみに使うことが可能です。
ぎっくり腰や捻挫、肉離れなどに対応しております。
再発防止、リハビリなどはトレーニングを併用する場合があります。

パーソナルトレーニングアイコン

パーソナル
トレーニング

お一人ひとりが目的を持って行うトレーニングです。
姿勢改善、ボディメイク、健康増進など様々な目的に対して行います。
運動レベルは個々に合わせますので、すべての方におすすめです。

リハビリトレーニングアイコン

リハビリ
トレーニング

ケガのリハビリや筋力の低下によるお悩みの解消を目指すトレーニングです。
再度同じケガや痛みが出ないようにするためにはトレーニングは必須のため、同じケガや痛みを繰り返している方におすすめです。

パフォーマンスアップトレーニングアイコン

パフォーマンスアップトレーニング

さまざまなスポーツのパフォーマンスを高めるトレーニングです。 もっとうまくなりたい、成長したいに応えます。
柔軟性や可動域、筋力、力の伝え方など、競技レベルを高めたい方におすすめです。

スポーツ整体アイコン

スポーツ整体

試合直前や試合後の回復を目的とした施術です。
手技をメインとして、ストレッチやPNFを活用し、コンディションを整えます。
試合が連続で続く方、久しぶりに動いた方におすすめです。

交通事故施術アイコン

交通事故
施術

交通事故は施術だけでなく、保険会社とのやり取りや書類など、さまざまな負担がかかります。
当院は交通事故対応の経験が豊富なため、やり取りや書類のご説明を細かく行うため、お身体の回復に努めていただくことが可能です。

ABOUT US

ULU整骨院

住所

〒670-0081
兵庫県姫路市田寺東2-43-27

最寄駅

JR「播磨高岡」駅

駐車場

あり(2台)

9:00~21:00
お電話でのお問い合わせ

079-269-9999

EPARK予約24時間受付

BACK TO TOP

24時間予約アイコン

24時間予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

LINEアイコン

LINE

メニュー