〒670-0081
兵庫県姫路市田寺東2-43-27

079-269-9999

24時間予約受付

電話マーク

お電話

メニュー

オスグッド<br class=・ジャンパー膝 イメージ">
見出しアイコン

オスグッド
・ジャンパー膝

成長期の身体を大切にするため、
オスグッド・ジャンパー膝の予防を
意識しましょう

スポーツをすることで発症する膝の障害「オスグッド・ジャンパー膝とよびます。
オスグッド・ジャンパー膝は、成長期の子どもに多くみられるスポーツ障害です。

今回、こちらのページでは、オスグッド・ジャンパー膝について詳しくご説明します。
練習方法や日常生活での過ごし方を見直すことにより、痛みの改善やケガの予防をすることができます。

現在、オスグッド・ジャンパー膝で悩んでいるお子様をお持ちの親御様や、部活などでスポーツに励む成長期のお子様は、原因や症状を理解し、ケガの発生を予防していきましょう。

目次

オスグッド・ジャンパー膝に関する
具体的なお悩みや疑問

  • オスグッド・ジャンパー膝が起こりやすい年代について知りたい
  • オスグッド・ジャンパー膝の原因を知りたい
  • オスグッド・ジャンパー膝の改善方法や予防法を知りたい
  • スポーツをしていて膝が痛い
  • オスグッド・ジャンパー膝の起こりやすいケガの種類について知りたい
  • 子どもがスポーツをしていて、オスグッド・ジャンパー膝にならないか心配

オスグッドやジャンパー膝の主な原因

◆オーバーユース(酷使)

オスグッド・ジャンパー膝の一番の原因は、オーバーユースだといわれています。
走ることやジャンプ、ボールを蹴る動作では、膝を伸ばすいう同じ動作を繰り返します。
この繰り返しの動作により、膝に負担がかかることで炎症や痛みが起こると考えられています。

また、成長期の子どもは骨の成長中のため軟らかさがあり、その柔らかい部分は通常の骨より損傷しやすいため、オスグッド・ジャンパー膝を引き起こしやすいといわれています。

◆フォームの崩れ

無理な動き方をつづけていると、膝周辺に負担がかかりやすくなります。
とくに、成長期は身体の土台作りができていない状態になります。
同じ動作の繰り返しをつづけていると、疲労から次第にフォームが崩れてしまいます。
フォームが崩れた状態でさらにつづけることで、過剰な負担がかかり痛める原因につながります。

◆柔軟性の欠如

オスグッドやジャンパー膝にならないには、下半身の柔軟性が重要です。
特に股関節や骨盤を正しく動かすことが大切です。
筋肉が硬いと関節の可動域が狭くなり、 動かない箇所を補うためには余計な力が必要となります。
股関節や骨盤まわりが硬いことで、その硬さを補うため膝に負担がかかります。

◆運動前のウォーミングアップと運動後のクールダウン不足

運動前のウォーミングアップができていなければ、筋肉の柔軟性が欠け、より負担がかかりやすくなります。
また、運動後のクールダウンではストレッチなどを行い、柔軟性を確保できるようにすることが大切です。

オスグッド・ジャンパー膝の症状とは

オスグッド・ジャンパー膝

オスグッド・ジャンパー膝は、発症後すぐは痛み熱感をともない、悪化すると膝下が盛り上がってくる場合もあります。
膝の痛みの発生部位は、膝の「膝蓋骨の下端」「膝下」「膝下の骨の部分」に分けられます。
それぞれのケガの部位別に、特徴についてご説明します。

◆膝蓋骨の下端に痛みが発生する場合

・シンディング・ラーセン・ヨハンセン病

シンディング・ラーセン・ヨハンセン病は、膝蓋骨の下端部分のケガを指します。
小学生高学年から中学生に起きやすいケガとれています。
ジャンプ動作の多いバスケットボールやバレーボールで起きやすいです。

・オスグッド・シュラッター病

小学生~高校生で起こりやすいとされています。
投球の際に肘にかかる牽引力が原因で、内側のじん帯が引っ張られ損傷してしまっている状態を指します。
痛みが次第にひどくなる場合と、突然強い痛みがでて靭帯が断裂する場合があります。

◆膝下に痛みが発生する場合

・ジャンパー膝

高校生に起きやすいものです。
名前の通り、ジャンプが多い競技で起こりやすいケガです。
酷くなると、歩くことでも痛みが出てきます。

◆膝下の骨の部分に痛みが発生する場合

・オスグッド・シュラッター病

膝蓋靱帯が骨を引っ張り上げることで起こるものです。
中学生から高校生にかけて起こりやすいとされています。
骨がボコッと膨らみ、その上を押すと痛みが出ることが多いです。
出たものは引っ込められないので、負担がかからないようにすることが大切です。

オスグッド・ジャンパー膝の対処法

◆安静

基本的に、痛みが出ている場合は安静が大事です。
痛みがあるときは、その部分に負担がかかっていたり炎症が起きていたりしていることが予想されます。
肘や肩の疲れを取るために、投球動作を控えましょう。

◆股関節・膝周りのストレッチ

筋肉が硬いとスムーズな膝の運動を行うことができず、痛みを誘発する場合があるため、痛みの程度に合わせてストレッチを行うことをおすすめします。
ストレッチを行う際は、骨盤を固定することを意識しましょう。

[膝まわりのストレッチ]

膝のストレッチでは、おもに太ももの前を伸ばしていきます。
ここでは、寝転んでできる簡単なストレッチ方法をご紹介します。
痛みを確認しながら行いましょう。

①横向きに寝る(痛みのある方が上)
②上の足の足首を同側の手で掴みましょう
③片方30秒程度、ゆっくりと足を後ろに引いていきます
④左右差を感じながら、痛みのない範囲で伸ばしていく

[股関節まわりのストレッチ]

股関節のストレッチでは、お尻をストレッチしていきます。
気持ち良い範囲で無理せず行っていきましょう。

①お山座りをします
②伸ばす側の足をもう一歩の足にかけます
③胸を張ります
④呼吸を止めずに、20秒程度ゆっくりと身体を膝に近づけましょう
⑤同じように反対側の腕も行います

◆冷やす

オスグッド・ジャンパー膝を発症してしまうと、患部が炎症を起こしています。
そのため、20分を目安にして氷のうなどで冷やしましょう。
過度に冷やすことは、患部の症状を悪化してしまう可能性があるため、注意が必要です。

オスグッド・ジャンパー膝の予防法

◆適度に休む

練習のしすぎで発症することが多いので、練習量を調整することが重要です。
身体を休めることを意識しましょう。
また、初期に痛みは弱く、我慢をする場合があるため、違和感を覚えた時点で運動を中止することが重要になります。
成長期の子どもは、少々痛みがあっても訴えることができない場合もあり、周りがしっかり見ておく必要があります。

◆入念のウォーミングアップ・クールダウン

ウォーミングアップを行うことで、関節や筋肉を伸ばし運動を行う前に準備をすることが大切です。
身体を大きく動かして、動きのなかで筋肉の収縮と弛緩を繰り返す意識をもって行いましょう。
また、スポーツの後には、クールダウンを怠らないようにしましょう。
スポーツによって疲労した筋肉をストレッチで伸ばすことにより、疲労物質の蓄積を防ぐことが期待できます。

◆日常生活の姿勢に気をつける

日常の無意識なくせなどで、姿勢が崩れてしまうと身体の正しい動きができなくなり、痛みにつながります。
現代の子どもは、長時間、スマホの画面を見たりゲームをしたりと姿勢不良になりやすいといわれています。
この姿勢では、猫背になりやすく、背中骨盤のゆがみの原因になることがあります。
また、スポーツの際に、身体の正しい動きがしづらくなってしまい、痛みにつながることもあります。
日頃の生活での姿勢が、オスグッド・ジャンパー膝の間接的な原因になることもあるため、意識しながら過ごしていきましょう。

ULU整骨院の【オスグッド・ジャンパー膝】
アプローチ方法

オスグッド・ジャンパー膝身体の使い方、柔軟性、オーバーユース(練習のしすぎ)が原因で発症すると考えております。
早期発見早期加療が最も重要で、重症度に大きく関わります。
痛みを隠しながら、ごまかしながらはどんどん悪化し今後に影響を及ぼします。
そのため、親御様が少しの仕草に気づいてあげ早期に適切な対処を行うことが大切です。
また、指導者の方の理解も必須です。

当院では、復帰へのプログラムを回復状況により前後はありますが、可能な限り明確にさせていただきます。
当院の施術は1~2回で痛みがほとんどなくなる特殊な施術で痛みの改善を図ります。
上記だけでも他と違うのですが、一番大切なことはこのあとからです。
身体の柔軟性、筋力、使い方を検査し、現状での課題を洗い出し、その検査で出てきた課題を解消できるメニューを個別に作成し、ステップアップしていきます。
痛みの出ている年齢、環境、背景などを踏まえた上でオリジナルの計画を立てさせていただきます。

著者 Writer

著者画像
日下部 宣宇
所有資格:柔道整復師
生年月日:1月21日
血液型:O型
出身:姫路市
趣味:野球
得意な施術:スポーツ外傷、慢性症状、姿勢矯正

ご来院されるお客さまへ一言
患者様自身の身体を知っていただき、
改善への道しるべをともに歩みましょう

Treatment guidance

慢性整体アイコン

慢性整体

長くお悩みの症状の解消を目指す施術です。
お悩みを解消するためにはさまざまな検査を行い、計画をご説明させていただきます。
見つかった原因を一つひとつ課題を解決しながら、施術を行います。

姿勢矯正アイコン

姿勢矯正

姿勢のお悩みの解消を目指す施術です。
姿勢不良は万病の原因となり、多くの方がお悩みです。
猫背や反り腰、ストレートネックなどさまざまです。
トレーニングを併用することで維持しやすくなるのでおすすめです。

ハイボルトアイコン

ハイボルト

電気療法の一つです。
狙った部分に刺激を入れることができ、急性期、慢性期ともに効果が期待できます。
身体の状態によっては電気療法ができない場合などもありますので、ご相談ください。

保険施術アイコン

保険施術

保険施術は急性期のケガのみに使うことが可能です。
ぎっくり腰や捻挫、肉離れなどに対応しております。
再発防止、リハビリなどはトレーニングを併用する場合があります。

パーソナルトレーニングアイコン

パーソナル
トレーニング

お一人ひとりが目的を持って行うトレーニングです。
姿勢改善、ボディメイク、健康増進など様々な目的に対して行います。
運動レベルは個々に合わせますので、すべての方におすすめです。

リハビリトレーニングアイコン

リハビリ
トレーニング

ケガのリハビリや筋力の低下によるお悩みの解消を目指すトレーニングです。
再度同じケガや痛みが出ないようにするためにはトレーニングは必須のため、同じケガや痛みを繰り返している方におすすめです。

パフォーマンスアップトレーニングアイコン

パフォーマンスアップトレーニング

さまざまなスポーツのパフォーマンスを高めるトレーニングです。 もっとうまくなりたい、成長したいに応えます。
柔軟性や可動域、筋力、力の伝え方など、競技レベルを高めたい方におすすめです。

スポーツ整体アイコン

スポーツ整体

試合直前や試合後の回復を目的とした施術です。
手技をメインとして、ストレッチやPNFを活用し、コンディションを整えます。
試合が連続で続く方、久しぶりに動いた方におすすめです。

交通事故施術アイコン

交通事故
施術

交通事故は施術だけでなく、保険会社とのやり取りや書類など、さまざまな負担がかかります。
当院は交通事故対応の経験が豊富なため、やり取りや書類のご説明を細かく行うため、お身体の回復に努めていただくことが可能です。

ABOUT US

ULU整骨院

住所

〒670-0081
兵庫県姫路市田寺東2-43-27

最寄駅

JR「播磨高岡」駅

駐車場

あり(2台)

9:00~21:00
お電話でのお問い合わせ

079-269-9999

EPARK予約24時間受付

BACK TO TOP

24時間予約アイコン

24時間予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

LINEアイコン

LINE

メニュー